2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.28 (Fri)

☆臨月☆

昨日、36週の健診に行ってきました。

ただいま36週5日です。
もうすぐ正期産の時期に入ります。
本当にあっという間。

赤ちゃんの推定体重は、すでに2800gくらいあるようです
少し大きめかなぁという感じのよう。
『もう生まれても大丈夫なくらいですね。』と先生は言っていました。
相変わらず、へその緒は巻きついていましたが
順調に大きく育っているので、とりあえず心配はなさそうです。
(私は、分娩時のほうが何となく心配なイメージがあります。先生は大丈夫と言うけど。)

内診をすると、先生が
『弱くても頻回に張りがあると、そのまま早く進みそうな感じですね。』と言っていました。
さらに聞くと
『もう指1本分くらい開いています。』とのこと。

前回までの内診では、全くそういう気配はなかったので
急にそんなことを言われて、ちょっと焦りが出てきました。

さらに、『ちょっと刺激しておきますね。』なんて
先生は子宮口をぐいぐいマッサージしているようでした。

NSTでは、張りの山の波形が2個くらい出ていました。


なんか、今まで本当にのんびりしちゃってたので
一気に目が覚めたというか、
本当にもう出産が近づいてきたんだなぁなんて
今更ながらやっと実感が湧いてきた感じです。
そして、なんともいえない焦りのような気持ち

あー、名前どうするかなぁとか、
ベッドを実家から持ってこなくちゃとか
部屋の片付けをもう少ししたいなぁとか。
買うものはもうそんなにないんだけど。
あれもしたい、これもしたい、と何だか巣作り本能に火がついてはいるけど
もう体がついていけなくて気持ちだけが空回りしている感じ

そういえば、健診のたびにもらうエコー写真、
ここたんの時は、エコー用のアルバムに入れてコメントを書いたりして整理していました。
でも今回、まだアルバムも用意していないし
そのまま母子手帳ケースにいれてあるだけ。
これもここたんと同じように早く整理してあげなくちゃと思いつつ・・・

このへんも、意気込みが全然違いますね。
もちろん、二人目だって本当に待ち望んで授かったわけだし
大切なかわいい我が子だという思いに違いはありません。
とても愛おしいし、生まれてくるのが楽しみです。
そこには、一人目も二人目も差はありません。

ただ、やっぱり一人目のときのように
自分の体の変化と、お腹の赤ちゃんに集中できる時間がないというか
日々の生活に追われて何となく過ぎてしまっているような
そんな感じのマタニティライフになってしまっているのかなぁ。

出産まであとどれくらいの期間があるのかわかりませんが
ソワソワした気持ちを抱えながら
巣作りしていこうと思います


FC2ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

10:33  |  二人目妊娠後期  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.21 (Fri)

☆運動会☆

もうだいぶ経ってしまったけど、記録ということで運動会のことを書いておきます。

ここたんの幼稚園は、人数がさほど多くないので
午前中のみの運動会です。
だからお弁当はいりませんでした。

運動会の数日前から、家でもかけっこや玉入れ、綱引きの練習をしていることなどを
時々話してくれていました。
でも、お遊戯のことは全然話さないし、踊ったりもしていませんでした。

だからね、当日は年少さんはどんなお遊戯をするのか楽しみでもあり
ここたんはちゃんと踊れるのかちょっぴり心配でもありました。

アンパンマンの曲のお遊戯でした。
ここたんはメロンパンナちゃん。
しっかり踊れていました。
みんなかわいいの
年少さんはやっぱり小さくて、一生懸命踊っている姿がかわいくて
でも、ちゃーんと列を乱すこともなく並んで踊っているし
前後の列を入れ替わったりもできてて
すごいじゃん!って思いました
ここたんも楽しそうにやっていました。
家で全然練習していなかったけど、幼稚園でしっかり覚えていたんだなぁって
ちょっと感動でした。

かけっこ。
『練習の時は、ここたんはいつも何番(何着)なの?』って聞くと、
『4番だよ。』って言っていました。
はい。4人で走って4番です
ま、普段の走り方を見ていても、そうだろうなぁって気がしてました。
春夏生まれの体の大きい子に比べちゃうと、明らかに足の運びが違うし。
それに私もかけっこは速い方ではなかったから血筋もあるでしょうね
頑張って走ればそれでよし!

そして本番では、男の子2人・女の子2人の4人で走りました。
ここたんは、『ヨーイ、ドン!』の合図がされてから
一呼吸おいてスタート
走り方もいつもの感じで。
でも、最後までちゃんと走りきりました。
順位はなんと3番
すごい!すごい!
3番でも4番でも私にはどっちでもいいけど
ここたんが頑張って走った結果の順位がいつもよりよかったというのは
親としては嬉しいものです。
本人は、順位についてはまだよくわかっていないような、こだわりもないような気もします。

綱引きや玉入れも楽しそうにやっていました。

午前中のみの運動会なんだけど
園児の数やクラスが小規模なためか、出番が多くて
けっこうみっちりな感じでした。
親も、我が子の出番だけでも・・・と思っても
常にビデオや写真を撮っていなければならないような忙しさ
途中、親子競技なんかもけっこうあったので。
短時間でとても充実していてよかったんだけど
年少さんは疲れただろうなぁとも思います。

実際、ここたんはプログラム最後のほうの親子ダンスなんか
もう集中力が切れたんだか疲れてしまったんだか
グズグズしだしてちっとも踊れませんでした。

ま、最後はちょっとダメダメだったけど
(親子ダンスなんかは親が側にいるから甘えも出たと思うし・・)
親と離れてやる種目は全部頑張っていたので
『運動会、頑張ったね!』とほめてあげました

また来年は、もう少しお姉さんになった姿を見せてくれるでしょうね。
楽しみです。


今年の運動会は、親が出る種目は全てパパが出てくれました。
私はもうお腹がかなりの大きさなので。

パパもお疲れ様。
腰を痛めていたけど頑張ったね!ありがとう。


FC2ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 幼稚園 - ジャンル : 育児

12:56  |  3才  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.03 (Mon)

☆33週目☆

早いもので、妊娠33週目に突入しました。

お腹は一気にまた大きくなったような気がします。

体が疲れやすくなってきました。
家事をするのも休み休みにしています。
お風呂に入るのも、またおっくうになってきました。
つわりの時期のように何だか気持ち悪くなるし
息が切れてふぅふぅしながらの入浴です。
(長くいれないので、シャワーで済ませてしまうことがほとんどです。)

思い返せば、ここたんを妊娠中は
この時期もうすでに切迫早産で入院していました。
正期産の時期に入る直前まで、1ヶ月も病院で過ごしました。
いつ生まれちゃうかと心配で心配でドキドキしながら過ごしていたなぁ。
その頃、大きくなった子宮に尿管が圧迫されて尿の通りが悪くなり
腎臓が腫れて激痛!!なんて経験もしてたし・・・

その時に比べると、今のところまずます落ち着いた経過をたどっている2人目妊娠生活です

8ヶ月半ばくらいから、張り止めの薬も飲み始めましたが
薬を飲むようになったら意外と落ち着いて
今は飲んだり飲まなかったりで過ごせています。

体型的に、2人目の妊娠でもまた起こってしまうかもと医師に言われていた
腎臓の腫れも今のところ無事なようです。
腎臓が腫れるときは、陣痛よりヒドイと思うほどの激痛です。
これが本当に恐怖だったので、腎臓ちゃんにはどうかこのまま無事でいてほしいです。


比較的順調には過ごせているのですが
それなりにマイナートラブルや体調の変化もあったりしました。

もうだいぶ前ですが、7ヶ月頃には
生まれて初めて全身に蕁麻疹が出ました
最初は、太もも辺りが何だか痒いなぁなんて思っていたら
ボツボツがいろんなところに広がっていき、どんどん痒くなり
掻いてしまうとさらに広がり、数時間後には全身にキモチワルイほどの
ボコボコができていました。
特に変わったものは食べたりした覚えはなかったのですが
その夜は夕食をお惣菜などで済ませたので
もしかしたらその中に合わないものがあったのかもしれません。

全身に広がり、さらに顔も腫れてきたので
呼吸抑制などが起きると怖いので
夜中だったけど救急外来に受診しました。

でも、診てくれた先生は内科の先生で、妊婦にどんな薬を処方すればいいのかわからない感じでした。
いろいろ調べてくれて、薬は処方してくれたのですが
やっぱりそれを飲むのは不安で
結局、翌日に産科に行き薬を出してもらいました。
(ついてくれた救外の看護師さんも、『薬を飲む前に産科の先生に相談したほうがいいよ』と言っていました
やっぱり産科医に出してもらった薬のほうが安心ですね。
(だって、塗り薬も全身だからと大量に何本も処方してくれようとしていたんです。その内科の先生。
リンデロンVG軟膏を。私でも、それはちょっと違うかなぁと思っていました。ステロイドだし
大量に塗るものではないと。結局、その内科の先生も不安だったようで処方しませんでしたけど。
ちなみに、産科の先生は、『うすーく少しずつ痒いところに塗ってくださいね。』と同じ薬を1本だけ処方してくれました^^)

産科の先生が出してくれたとはいえ、妊娠中に、赤ちゃんのためとは関係のない薬を飲むのは
やはり抵抗がありましたが、全身の蕁麻疹の痒さと見た目の気持ち悪さには
飲まずにはいられませんでした。
3日間くらい飲んで徐々にきれいに治りました。
いったいどうしたんでしょうねぇ。
今でも何でそうなったのかわかりませんが
妊娠中は体質も変わったりするようなので、そういう影響もあるのかなぁとも思っています。

そうそう、今年の夏はとにかく暑がりにもなっていました。
私はもともと冷え性だし、『暑い!』と言うより『寒い!』と言うことのほうが多い体質です。
でも、今年の夏は、家族の中で私が一番暑がりでした。
節電もしてたけど、冷房をつけていても『暑い!暑い!』と薄着でいたし
私の感覚で設定温度を下げると、夫に『ちょっと寒くない?』なんて指摘されたり。
夫は暑がりで汗っかきなんですよ。
例年とは真逆な関係でした
ここたん妊娠中も夏は経験したけど、まだ5ヶ月に入る前くらいで
お腹もあまり大きくなかったからかこんなに暑がりではなかったです。
しかし今年の夏は、もうお腹もだいぶ大きいし
そういう影響なのかとにかく暑かったです。


そして、今現在は、【季節の変わり目】というやつにまんまとやられ
風邪を引いてしまいました。
秋の気配がしてきても、『涼し~い』と窓を開け放ち薄着でいたりしたからかもしれません
ここたんも巻き添えにしてしまった感じです。ゴメンネ

熱は出ないものの、この数年間で私にとってはひどい症状です。
数日前までは、とにかく咳がひどく夜も眠れず
ある夜は精神的におかしくなりそうでした。

布団に入ると咳がさらにひどくなり息苦しいし、お腹も苦しくて眠れないし
熱はないのに体が熱くて、身の置き場がない感じで落ち着かず
夜中に一人でTVをつけてみたり、部屋の中をうろうろ歩いてみたり・・・
おかしな人になっていました。

まだ風邪は治ってはいませんが
咳がいくらか落ち着いてきたので、だいぶよくなってきているような気がします。

これからインフルエンザも流行りだす時期ですね。
もうすでに流行っている地域もあるとか・・・

気をつけましょうね。


お腹の赤ちゃんは、相変わらずへその緒が2重に絡まっていましたが
大丈夫だと先生は言っています。
推定体重の伸びが、前回よりも悪かったのが気になりますが
先生は何も言ってなかったし、きっと測り方で誤差もあったりしますよね。
胎動もよく感じているので、心配しすぎないようにしようと思っています。

それにしても、全然出産準備が進んでいません
名前もまだ。
そろそろ本腰入れないと!


FC2ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

17:30  |  二人目妊娠後期  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。