2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.18 (Sat)

☆危機を乗り越え安定期!(胎動と戌の日)☆

無事に5ヶ月に入り、安定期となりました。
只今17週です。
とりあえず、ほっと一息です


実は今回の妊娠がわかって、心拍が確認できたすぐ後に
たくさん出血したことがありました。
(注:以下、やや生々しい表現がありますのでご了承下さい。)

それが、実家に帰っていたときのことなんですけど。
外出先から実家に帰る途中に、すごくお腹が痛くなって
歩けないくらい痛くて、冷や汗も出てとてもイヤな感じがしました。

でも一人だったからとにかく帰ろうと思って、
腰を90度くらい曲げたおばあちゃん歩きでどうにかタクシーに乗り込み実家へ帰宅。

そしてトイレに直行。

ショーツを脱いだ瞬間にゾッとしました。
『どうしよう・・・』って心臓がバクバクしました。

着けていたおりものシートが真っ赤に染まり溢れ
便器の中も真っ赤。
座っていると、ポタポタとまだ滴り落ちている鮮血。

母に『どうしよう、出血しちゃった・・・』って言いました。

心臓バクバクしてるんだけど、ちょっと冷静な自分もいたりして
とにかく横になって安静にすることに。

しばらくして少し気持ちが落ち着いた頃、かかりつけの産科に連絡し相談しました。
『今は安静が一番です。とにかく安静して、どんどん出血が増えるようならまた連絡してください。』とのことでした。

それしかできないよね・・・とも思いました。
実家にいるから、かかりつけ医は遠くて受診することなんてできないし
たぶん妊娠初期だから、流産となってしまうものは止められないし
どうすることもできないんだと、心のどこかで覚悟もしました。

でも、やっぱり待望の赤ちゃん。
簡単に諦めることなんてできません。
『赤ちゃん頑張ってね。ママにしっかりくっついててね。』って
布団の中で必死に祈っていました。

その数時間後、再びトイレへ。
量は増えている感じはしないけど、出血はまだ続いていました。

そしてその時、親指の長さくらいあるレバー状の塊が出ました。

それが出る瞬間の違和感も感じて
『あーっ!』って思ったけど一瞬のことで
あっという間に便器の水の底に流れ落ちてしまいました。

赤ちゃんが出ちゃった・・・?
そう思いました。
また心臓がバクバク。

その塊が出たあとから、お腹の痛みが治まっていったのです。
そのことがよけいに、もうダメだったのかもと思わせました。

悲しい気持ちで涙が溢れて、でもしっかり医師に確認しているわけじゃないから
どこかでまだ信じていて、もんもんとした気持ちで過ごしました。

かかりつけ医にも再度連絡したのですが・・・
その反応がね、まだ希望がありそうだったのです。
もちろん、受診しているわけじゃないから
医師だって確かなことは何も言えないからなんでしょうけど
『その塊が出たから腹痛が治まったのでしょう。今、動くのはよくないから安静にして過ごしてください。』って。
先生は、まだ赤ちゃんがいると思ってる!?
そんな風に感じとれたのです。
(今、その言葉の文章だけ読んでも、どっちにもとれる感じなんですが、その時はよい方にとらえてしまいました^^;)

そして、赤ちゃんを信じようという気持ちが強くなったけど
やっぱり不安は捨てきれないし、自分の精神を守るために
妊娠初期の流産は仕方ないものなのだと、ちょっぴりだけ覚悟もしていました。

そんな状態で2日過ごし、まだ自宅へ帰れる状態ではないけど
どうにもモヤモヤした気持ちで落ち着かず、実家近くの産科を受診することにしました。

実は、その産科はここたんの出産の際に里帰り分娩をしようとしていた産科です。
妊娠中期に一度受診し、9ヶ月になったらそこへ転院するように言われていました。
でも、切迫早産でかかりつけ医に入院してしまったので
移動のリスクを考えて里帰りはせず、そのままになってしまった産科なのです。

だからね、ちょっと気まずい!?
今回の受診前に電話連絡し、状況を説明し受診してもよいかの確認をしたけど
もしかしたら断られるかも・・・とも思いました。
でも、受診OKでありがたかったです。
その日パパが来て付き添ってくれました。


そして、そこで無事に赤ちゃんがいて、心拍もしっかりしていることが確認できたわけなのです。
本当に嬉しかった~。
最初に心拍確認した時よりも感動したかもしれません。
パパも両親もみんなほっとし喜びました。

本当にありがたい。
神様にも赤ちゃんにも先生にも感謝です。
この授かった命を大切にしなくてはと、また強く思いました。


結局、出血は、子宮内膜からだったようです。
しばらくはエコーで診て『血の塊(出血のあと?)がある』と健診でも指摘されていましたが、特に問題はないようで、先生もあまり細かいことは言ってませんでした。
薬の処方もありませんでした。

でも、出血はよくないことは確かだから、なるべく安静にとのことで
私の妊婦生活が始まりました。

それからは、ご存知の通り、つわりとの闘いの日々でした。


そんな初期を無事になんとか乗り越え、安定期に入りました。
(前置き話が長すぎですが

出血はあの時以外はありません。
つわりもだんだん落ち着いてきています。
吐くことはほとんどなくなりました。
気持ち悪さはいくらかあり、時々、うっ!!っとくることもありますが
こらえることもできる程度になりつつあります。
食事は摂れています。
間食もしちゃってます

そうやって少し体調に余裕が出てくると、
『あれ?そろそろ胎動を感じる頃だよね?』と考え始めるように。

ここたんの時は、妊娠4ヶ月の後半からピクピクと腸が動くような感じがしていました。
今回は5ヶ月に入ってもまだよくわからなくて、ちょっと不安に。。。
一般的には、まだ胎動を感じるには早いくらいの時期なのですが
ここたんの時はもう感じていたし、二人目の方が自覚するのが早いというし
少しどうしたかなぁと思っていました。

そんな話を幼稚園のママ友とした翌日、
ぽこっ!
と感じました
手をお腹に置いていたので確実です。
妊娠16週2日がその記念日です

実は4ヶ月の前半頃から、腸がピクピク動くような感じは頻繁に感じていたのですが
あまりにも早すぎでしょ!?
そして、一時期それが感じなくなっていたので、やっぱり腸の動きだったのかと思っているのですが
実際はどうなのでしょうね・・・
なので、手でも確認できた日を胎動記念日にしておきます。

そして、5ヶ月に入ってから最初の戌の日の6月12日に
安産祈願をしてきました。

腹帯(岩田帯、臍肌帯)を頂き巻いてみると、いっそうお腹が大きく感じます。
腹帯姿の記念撮影を自宅でして
普段はやっぱりガードルタイプが便利で使っています。

   110612.jpg
 ここたんが腹帯の上からお腹の赤ちゃんにチュッ

二人目は皮の伸びがよいのかな
お腹が出てくるのが早いです。
個人的にはもう6ヶ月くらいのお腹の感じです。


ここたんを妊娠中は、やっとつわりがおさまり安定期を満喫できると思ったら
お腹が張るようになってしまって、あまり出かけたりすることもできませんでした。

さてさて今回はどうなることやら。

安定期を安定期らしく過ごせますように



FC2ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 妊娠日記 - ジャンル : 育児

12:56  |  二人目妊娠(中期)  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。